質問の多いVPNのルーティングについて

本当は写真の様な本を読む前に、少なからずともネットワークの基礎知識は無いと理解ができないと思う。みんなVPNを構築する際に間違いやすいのは、NAT使用時のローカルアドレス付与の間違いが多い。特に初期値で構築し始めると、ルーターのローカルアドレスは192.168.100.1/24となります。24ビットはサブネットマスクが255.255.255.0となります。つまり1台のルーターで使われるアドレスは192.168.100.1~192.168.100.254なのです。ルーター同士をルーティングする時はサブネットが24ビットであるならば第3オクテットが同じ値ではダメという事。1台目は192.168.100.0/24、2台目は192.168.101.0/24、3台目は192.168.102.0/24という感じで第3オクテットを変更していくと正常に機能する。メッシュ型・スター型にもよりますが、主となるルーター配下にあるローカルIPの機器へアクセスすれば何かしらレスポンスがあります。中古で機器を買って体験して見るのも良いかもしれません。

とにかく先ずはヤマハのルーターを買おう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お買い物はamazonで

ライセンス購入はこちらから

ご注文・お見積もりはこちら

アーカイブ