RTX810

RTX810をなぜ使うか?

1.すべてのポートがギガビット対応している。

2.VPNのアルゴリズムが優れており通信速度が速い。

3.アライドやシスコに比べると価格が安い。

4.表示が日本語なので分かり易い。

5.障害が少ない。

 

通常VPNで一番困るのがランニングコスト。サーバーを構築して固定IPを全拠点に利用すると最低でも1拠点辺りプロバイダー料金3,000円の維持費が掛かる。それ以外にNTTのフレッツ利用料などおよそ6,000円が必要となります。例えば10拠点ならばプロバイダーだけで30,000円掛かる訳である。しかし、ルーターで構築してあげると固定IPが必要なのはサーバーのある本部のみで、あとは安いプロバイダーでの組み合わせでOK。BBエキサイトで例えると、本部3,000円+4,500円(支店500円×9)=7,500円、固定IPとの差額22,500円となる。年間で270,000円の差が出る訳で3年も有れば差額償却できます。光フレッツが利用できるなら電話番号も光回線に収容してお使い頂く事で、電話回線基本料が無くなりランニングコストも下がります。

初期投資は大きくても、コストを抑え安心してデータをやり取りできるのはVPNかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お買い物はamazonで

アーカイブ