スマホでビジネスフォン

 

無線機器メーカーのアイコムからアナログ外線2本までを収容でき、手持ちのスマホをビジネスフォン端末に利用できるシステムが販売されています。ビジネスフォンの導入見積りの際にクライアントが発見されたのですが、導入実績が少ないみたいで事例が見つからない。後日導入に関わる事になるであろうこの機器を、WEBサイトからデータを検索し色々と調べてみた。無線は802.11g規格でスマホをWiFi接続している時のみ子機のビジネスフォンとなる。つまりアプリケーションを起動していて、尚かつ無線LANのエリア内に居る時のみサービスが可能となる。当然無線環境の悪い場所では使い物にならないであろうこの機器を、無線アクセスポイントの増設により利用範囲を拡大できないかと思案中である。実際滋賀県内では中小企業が殆どなので、導入するケースが沢山ある筈なのだが、これを販促するとビジネスフォンが売れなくなるし、日本の無線規格自体が不安定なので導入実績が無いのかと思う。

子機は8台まで。

本体20,000円ほど。

収容外線本数は2番号まで。

スマホのアプリが別売り(1台1200円程度らしい)

詳しくは下記サイトへ。

https://www.icom.co.jp/products/network/products/ip_router/sr-60vn/

sr-60vn


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お買い物はamazonで

アーカイブ